通販で購入できる印鑑の種類について


印鑑を通販で購入しようと検討している人は多いかと思いますが、実際に通販ではたくさんの種類の印鑑を購入することができます。初めにどんな印鑑を通販では購入できるのか説明します。

まず1つ目は実印向けの印鑑です。実印は市区町村に登録しておく印鑑のことを言いますが、例えば契約をする時など大切な場面に使用することが多くなっています。また、実印は個人でも所有している人が多いですが、法人用として代表者印ともよばれる丸印が存在しており、これも実印の役割を果たします。なお、法人用の印鑑としては、四角い形をした角印を想起する人も多いかもしれませんが、丸印はこちらとは別に作られるものになります。

続いて2つ目は銀行印向けの印鑑を購入することができます。銀行印は主に銀行届出印あるいは銀行取引印とも言われる印鑑ですが、基本的には銀行の口座を開設する時に使用する印鑑です。銀行印と言ってもそれほど決まりはなく、基本的には認印などでも代用が可能ですが、安全性を考えると銀行印専用の印鑑を作成しておくといいでしょう。

それから3つ目は認印ですが、これは認印という特定の商品があるわけではなく、基本的には実印や銀行印に登録がされていない印鑑のことを認印と言います。しかし、最近では認印専用の印鑑を作成する人たちも多く、それぞれ用途に応じて印鑑を使い分けている人は増えていると言われています。

実際にここで説明した3つは印鑑において特に必要な分類になるので覚えておくといいでしょう。