認印を通販で作成する時のポイント


印鑑を購入する際には実印や銀行印以外にも認印について考える人も多いでしょう。認印は基本的にそれほどルールなども存在しないので好みで作成することができますが、どのように作成したらいいのか分からないという人もいるかもしれません。認印についてお悩みの人に向けて、ここでは認印を通販で作成する時のポイントを紹介します。

まず認印を作成する時はなるべく識別しやすい書体を選ぶようにしましょう。認印は使用する場面によっても異なりますが、基本的には会社の書類を書くときに使用したり、宅配便の受け取りサインとして使用したりなど、契約など重要な場面では使用しない印鑑です。特に会社の書類などで使用する際には識別しやすいタイプの方が誰がサインをしたかが分かるので、なるべく識別しやすい書体について考えるといいでしょう。

続いて大切になるのが印材について考えることです。認印は印鑑の中でも使用頻度が多いです。特に会社などで使用する場合はたくさん使用する機会があるかと思いますが、素材にこだわらないとすぐに欠けてしまい何度も購入し直さなければならないので、なるべく認印でもある程度耐久性のあるタイプを購入するといいでしょう。通販で購入する場合は、印材の種類が豊富で、より丈夫な印材を選べるような通販サイトを選択するようにして下さい。ちなみに印鑑通販ショップの「いいはんこやどっとこむ®」では印材の種類の豊富さはもちろんですが、購入から10年間も保証がついているので尚更安心です。このように印鑑はそれぞれ購入する際には知っておきたいポイントがあります。安いところに安易に飛びつくのではなく、長く使用できる、しっかりした通販サイトを探すようにしましょう。


銀行印を通販で作成する際のポイント


銀行印は実印の次に大切な印鑑と言われていますが、実際に銀行の口座を開設したい時には必要不可欠になる印鑑です。作成する際にはいくつか知っておきたいことがあるので、失敗しないためにもここではポイントについて話します。

まず、銀行印は結婚のことも考えて作成をするといいでしょう。なぜ、結婚を考えて作成をしなければならないのかというと、特に女性に多いですが、結婚をすると苗字が変わってしまいます。銀行印に苗字を使用していると変わった時に印鑑の登録も変えなければならないということになりますが、結婚のことも考えて名前のみの登録なら苗字が変わっても登録し直す必要はなくなります。銀行印は名前でも苗字でも登録することができるので、特に女性で苗字が変わる可能性が高いという人は知っておくといいでしょう。

また書体についても考えるといいでしょう。実印も悪用されないように書体はこだわった方がいいですが、銀行印も書体にはこだわった方がいいでしょう。基本的に銀行印で選ばれる書体は古印体や篆書体、吉相体などが存在しています。どれも複製防止が期待できる書体になるので、安全性を高めるためにもこうした3つの書体のいずれかを選択する人が多いと言われています。


通販で実印を作成する時のポイント


通販では実印向けの印鑑がたくさん販売されていますが、これから自分のために作成をしようと思っている人もいるでしょう。通販で作成する時にはいくつか知っておきたいポイントがあるので、失敗しないためにも、ここでは実印を作成する上で知っておきたいポイントについて述べます。

まず1つ目は丈夫な印材を使用して作成することです。実印は市区町村で手続きをして登録をする印鑑です。手続きは意外と手間がかかりますが、基本的に1回登録を済ませてしまえば壊れない限り再度登録し直すということはありません。しかし、短い期間で壊れたりしていると何度も登録し直さなければならないので面倒です。そうならないためにも実印を通販で作成する時は印材にこだわるようにするといいでしょう。

続いて2つ目に大切なのが偽造されない書体で作成することです。実印は基本的に重要な契約の時などしか使用することがありません。その為、万が一偽造をされてしまうと悪用される危険性があるので、書体にはこだわった方がいいと言われています。通販によっては様々な書体で作成できるところもあるので、作成の際には慎重に書体は選ぶようにしましょう。

このように、実印で気を付けたいことは大きく分けると2つあります。


通販で購入できる印鑑の種類について


印鑑を通販で購入しようと検討している人は多いかと思いますが、実際に通販ではたくさんの種類の印鑑を購入することができます。初めにどんな印鑑を通販では購入できるのか説明します。

まず1つ目は実印向けの印鑑です。実印は市区町村に登録しておく印鑑のことを言いますが、例えば契約をする時など大切な場面に使用することが多くなっています。また、実印は個人でも所有している人が多いですが、法人用として代表者印ともよばれる丸印が存在しており、これも実印の役割を果たします。なお、法人用の印鑑としては、四角い形をした角印を想起する人も多いかもしれませんが、丸印はこちらとは別に作られるものになります。

続いて2つ目は銀行印向けの印鑑を購入することができます。銀行印は主に銀行届出印あるいは銀行取引印とも言われる印鑑ですが、基本的には銀行の口座を開設する時に使用する印鑑です。銀行印と言ってもそれほど決まりはなく、基本的には認印などでも代用が可能ですが、安全性を考えると銀行印専用の印鑑を作成しておくといいでしょう。

それから3つ目は認印ですが、これは認印という特定の商品があるわけではなく、基本的には実印や銀行印に登録がされていない印鑑のことを認印と言います。しかし、最近では認印専用の印鑑を作成する人たちも多く、それぞれ用途に応じて印鑑を使い分けている人は増えていると言われています。

実際にここで説明した3つは印鑑において特に必要な分類になるので覚えておくといいでしょう。